野菜のスムージーは水の量が大切

野菜

スムージーは数年前から人気があり、特に女性にはとても人気が高い飲み物です。野菜が苦手という人はスムージーでもなかなか飲むことができなくてせっかく作っても残してしまうという人もいます。
そもそも野菜をそのまま使っているスムージーではなく、果物と一緒に摂取することができるレシピを利用すればおいしく野菜を摂取できるスムージーを作ることができます。根菜などは一切使わず緑の野菜だけを使うので青臭さなどが気にならないようなレシピを探すといいです。なので野菜といっても量を多くしすぎなければ果物の甘さで気にせずに飲むことができるようになります。

はじめて飲むという人は初心者向けのスムージーから飲み始めると無理なく飲むことができて続けやすいです。
材料は小松菜とバナナ、りんご、キウイ、水だけです。りんごは皮をむかずに皮ごと3等分にカットし、キウイは半分にカットしてそのまま使います。実際に使うのは小松菜1束、バナナ1本、りんご3分の1、キウイ2分の1、水100ミリリットルほどです。水は指2本分くらいの深さと考えるとコップでも測りやすいです。これらをミキサーにかけやすいように適当に細かくカットします。ミキサーへ入れる順番は特に決まっていませんが、柔らかい材料から順番に入れていくと短時間で出来上がるので早く飲むことができます。
この材料の場合はバナナ、キウイ、リンゴ、小松菜の順で入れると早くおいしく作ることができるのでおすすめです。最後に水を入れますが、おいしく作ることができるかは水の量にかかっています。水の量が多いと水っぽくなってしまいせっかくの果物の味をしっかりと感じることができなくなってしまいます。少なすぎてもドロッとして飲みにくくなってしまうのでバランスが大切です。自分好みの水の量を作りながら考えていくといいです。
その他にも、メリット多い業務用カット野菜!簡単絶品レシピ4選を知っておくと便利です。

飲む量は効果を実感したいのなら1日1、2リットル飲むのがいいと言われています。ですが飲む量を考えるよりも毎日きちんと続けることが大切です。無理に大量に飲む必要はないのでその日の体調に合わせて飲む量を調節してみるといいです。飲むタイミングは朝飲むのが一番効果を実感できるといわれています。朝食代わりに1杯または2杯ほど飲むようにしましょう。
胃の中に何もない状態で飲むことにより、スムーズに腸に届きやすくなります。単体で飲むことでスムージーの栄養素を最大限に吸収することができるのがいいです。

野菜
様々な品種の野菜を購入するには

野菜を購入する方法としては一般的にスーパーやデパート、駅ビルなどを利用することになります。最近では地 …

野菜
健康にも優れている食物繊維がたっぷりな野菜

近年は日本においても食の欧米化が進展し、それに伴う肥満や生活習慣病にかかるケースもあり、飽食状態にあ …

野菜
プランターで合理的に野菜を栽培する

一般的な消費者が青果を効率よく仕入れるにはスーパーや産地の直売所、インターネットの通販サイトなどを利 …