野菜ソムリエなどの資格があります

野菜

野菜に関連した資格は近年増えてきており、いろいろな種類のものがあります。例えば、野菜ソムリエは有名で、野菜や果物の知識を身につけたり、魅力や価値などを社会に広めるスペシャリストです。資格の目的は生産者や生活者の架け橋となることや、毎日の食生活に必要な食材の幅広い知識を身につけることで、食生活を見直したり、家族の食事に活かすことができるでしょう。料理教室や食育活動、レシピ提案など、さまざまな活動をしている人が多くいます。 資格には3つあり、一般的なソムリエは食生活に欠かせない知識を身につけたり、家族や自分・仕事などに変化を与えることが可能です。例えば、旬や鮮度・おいしさなどを見きわめたり、選択することができます。家族の健康管理にも役立ち、調理のコツを身につけることが可能です。理解しながら食べることによって、食生活が豊かになります。ソムリエプロの場合は、専門的な知識を身につけることができ、職業として社会にその価値や魅力などを伝えることが可能です。プロとして企業や自治体などと仕事をしたり、メディアに出演したり、本を出版する人もいます。イベントやセミナーを開催し、活躍しているスペシャリストです。ソムリエ上級プロの場合、起業したり開業するなど、自分の未来を切り開くことができます。例えば、個人で事業を展開したり、食関連のイベントなどの総合プロデュースを手掛ける人もいるでしょう。
【5分で読める!】美味しいハーブの知識を“一気に身につけられる”ハーブ特集!も必見です。
昔から馴染みのある資格では栄養士があります。栄養に関する専門的な知識を有し、栄養指導などを行うためのもので、栄養士は都道府県知事からその免許を受けます。栄養士を必要とする仕事場として、病院や福祉施設、学校など多くあり、取得するには管理栄養士養成施設や、栄養士養成施設において修了しなければいけません。
近年注目されているのはフードアナリストです。食に関する専門家として食を分析したり評価を行います。フードアナリストは食品メーカーと協力しながら商品を開発したり、レストランなどの店舗を評価しサービスの改善などを目的とした調査を行うのが仕事です。食の多様化が進んでいるので、消費者のニーズを捉えることは非常に重要で、フードアナリストを取得する人は年々増えて着ています。資格を取得するには「日本フードアナリスト協会」が行う養成講座や通信教育などを受講する方法や、認定試験に合格する方法があります。その他にもフードマエストロやフードコーディネーターなど、いろいろな種類の資格が存在しています。

野菜
様々な品種の野菜を購入するには

野菜を購入する方法としては一般的にスーパーやデパート、駅ビルなどを利用することになります。最近では地 …

野菜
野菜や果物の消費期限と流通ルート

まずはこちらをお読み下さい→リブロースステーキをヘルシーに!つけ合わせて喜ばれる野菜6選 青果店経営 …

野菜
水耕栽培もできる野菜スプラウト

ビタミンやミネラルを豊富に含み、がん発症を抑制する効果も期待されているスプラウト。栄養たっぷりの秘密 …