野菜を使ったスープはいろいろと作れる

野菜

野菜には色々な種類のものがあります。また野菜を使った料理にも様々なものがあるので自分が食べたいものを作ることができます。例えば野菜のスープを作ることもできるので自分の好みで野菜を選んでみるのもいいです。
新鮮野菜の卸ならネットを探してみると利用することができます。おいしくて普段よりもほんの少し贅沢なスープを作ることができるのでおすすめです。
シンプルに豚汁を作るのもいいです。肉も一緒にとることができるので便利です。野菜は人参、大根、たまねぎ、ごぼう、ねぎなど色々な栄養を一度にたくさん摂取することもできて、さらに豚肉でおいしいたんぱく質も摂取できるので寒い時期やエアコンなどで冷えた体を温めることができます。小さな子供から大人まで栄養をしっかりと味噌汁としてとることができるのいつでもおいしく飲むことができるのが人気です。
脱パターン化!葉物野菜レシピのレパートリーを増やしたい方必見特集!も、要チェックです。
野菜がおいしい季節になったらそのときの旬のものを使ってスープを作ってみるといいです。
舞茸とキャベツの香味野菜スープは体がじんわりと温まって栄養も摂取することができるのでおすすめです。舞茸60グラム、キャベツ200グラム、セロリ100グラム、にんじん2分の1を用意します。チキンコンソメ10グラム、水1リットル、ブラックペッパー少々とガーリックパウダー少々です。作り方は野菜類は食べやすい大きさに切ります。チキンコンソメを水1リットルを煮立てて具材をすべて入れて煮えたら出来上がりです。ブラックペッパーとガーリックパウダーを出来上がる直前に自分の好みでさっと入れて混ぜるようにすればたっぷりと栄養を摂取できてさらにヘルシーなスープとして飲みやすいでしょう。

カリフラワーのポタージュも冷える朝などにはおいしくていいです。カリフラワー1個、バター30グラム、玉ねぎ1個、チキンストック600ミリリットル、牛乳200ミリリットル、生クリーム100ミリリットル、塩10グラム、こしょう少々、レモン汁30ミリリットル、白ワイン30ミリリットルを用意します。
作り方は、玉ねぎを薄切りにして鍋に溶かしたバターで焦がさないように炒めていきます。その鍋に小房に分けたカリフラワーとチキンストックとレモン汁、塩を加え柔らかくなるまで2、30分ほど煮こみます。作ったものの粗熱が取れたらミキサーにかけなめらかにします。お鍋に戻したら、牛乳と生クリーム、白ワインを加えて仕上げます。最後に塩こしょうで味を調えて出来上がります。

野菜
様々な品種の野菜を購入するには

野菜を購入する方法としては一般的にスーパーやデパート、駅ビルなどを利用することになります。最近では地 …

野菜
健康にも優れている食物繊維がたっぷりな野菜

近年は日本においても食の欧米化が進展し、それに伴う肥満や生活習慣病にかかるケースもあり、飽食状態にあ …

野菜
プランターで合理的に野菜を栽培する

一般的な消費者が青果を効率よく仕入れるにはスーパーや産地の直売所、インターネットの通販サイトなどを利 …