プランターで合理的に野菜を栽培する

野菜

一般的な消費者が青果を効率よく仕入れるにはスーパーや産地の直売所、インターネットの通販サイトなどを利用する方法があります。青果店のような小売業者や旅館、飲食店の場合には仲卸業者から仕入れるのが一般的です。また小売業者は買受人として仲卸業者と共に公設市場のせりに参加することもあります。日本国内で流通している野菜の約8割、果物の約5割は公設市場を通して消費者に届けられます。農産物は生産者から出荷団体や産地仲買人によって集められ、公設市場に出荷されています。公設市場では卸売業者がせりを主催しますが、せりに参加できるのは仲卸業者と買受人です。小売業者は買受人としてせりに参加するだけでなく、仲卸業者から商品を仕入れることもあります。一般的な消費者は基本的に公設市場で野菜や果物を購入できませんが、特別なイベントが開催されている場合は可能です。公設市場で開催されるイベントに参加すれば一般的な消費者でも新鮮な野菜や果物を安く購入できます。青果の流通ルートにはスーパーなどの小売業者を利用するものの他にインターネットの通販サイトを利用する方法があります。業務用の食材を扱っている通販サイトの中には飲食店などではない個人でも利用できるものが存在します。通販サイトでは国内外の様々な業務用食材を安く購入できるため合理的です。さらにコストを抑えて青果を入手する方法としては、プランターや家庭菜園で自ら栽培する方法が考えられます。プランターを利用すれば家庭菜園を作る場所がない都市部などでも青果を栽培できます。一方で地方自治体が市民農園として農地を貸し出している場合も存在します。自宅の庭で野菜などを栽培するスペースがなくても、市民農園を利用すれば様々な作物を育てることができます。
マンションやアパートなど青果を栽培するための広いスペースの確保が難しい場合には、小さいスペースでも栽培できるプランターを利用するのが合理的です。自宅で野菜や果物を育てれば、食費を節約できるだけでなくストレス解消にも役立ちます。またプランターに植えられた野菜や果物はインテリアとして楽しむこともできます。
プランターで野菜などを育てるには土や肥料が必要になりますが、青果の中には水耕栽培が可能なものも存在します。コマツナやチンゲンサイ、ネギ、ダイコンなどはプランターを使用せずに育てることができます。スーパーなどで購入して料理に使用したコマツナなどの根やヘタは、水に浸すことで再生します。土や肥料が不要で手軽に野菜を育てることができ、食費も抑えられるので合理的です。
こちらも要チェック→【大人のスイーツブーム到来!】レモンを活用した「お酒に合う大人スイーツ」

野菜
様々な品種の野菜を購入するには

野菜を購入する方法としては一般的にスーパーやデパート、駅ビルなどを利用することになります。最近では地 …

野菜
旬の野菜をインターネットで購入しよう

近年日本国内にある新鮮で旬の野菜をインターネットで仕入れることが可能です。日本各地の農家から直接購入 …

野菜
野菜を使ったスープはいろいろと作れる

野菜には色々な種類のものがあります。また野菜を使った料理にも様々なものがあるので自分が食べたいものを …