野菜の再生について

野菜

まずはこちらをチェック、仕入れて納得!グレープフルーツ名産地4選+提供する際の注意点もございます。
スーパーで購入した野菜には可食部分を再生できるものがあります。葉物の場合にはコマツナやチンゲンサイ、モロヘイヤ、ミズナ、セリの他にキャベツやブロッコリー、ハクサイなども再生可能です。薬味の場合にはネギやニンニク、ワサビ、ショウガを再生することができます。またダイコンやニンジン、カブ、ゴボウなどの根菜も再生すれば美味しく食べることができるようになります。コマツナ、チンゲンサイ、ネギ、ダイコンなどは水耕栽培することも可能です。プランターや庭に根の部分を植えると収穫量が増えますが、水耕栽培ならば手軽に始めることができるという特徴があります。水耕栽培の方法は非常に簡単で、再生する野菜の根本や成長点となるヘタの部分を捨てないで水につけておくだけです。ネギやミズナは根本から3cmから5cmの位置で切ります。ニンジンやダイコンの場合はヘタの部分を2cmから3cmほど残します。コマツナなどの葉物の場合は内側の新芽部分を4枚から5枚ほど残す必要があります。根本やヘタなどの部分をある程度の余裕を持って残すのが水耕栽培を上手に行うための鍵です。切り取った根本やヘタは清潔な容器に入れ、根や切り口を水につけます。野菜が水に浸かりすぎると腐りやすくなるので注意が必要です。水は毎日交換する必要があり、容器や野菜のヌメリも洗い流すことで腐敗を防止できます。特に夏場は水が腐りやすいため1日2回は交換する必要があります。野菜が再生されて収穫できるようになるには1週間から2週間ほどの時間が必要です。日当たりの良い窓際でカーテン越しに光を当てるのが水耕栽培を成功させるコツとなります。一方で水耕栽培を行っていると野菜にカビが発生する場合が存在します。カビが発生した場合にはもったいないかもしれませんが捨てることになります。また水耕栽培によって収穫された青果は衛生管理が行われているわけではないので、なるべく火を通して食べると安全です。
スーパーや駅ビルなどの青果店では毎日のように青果の仕入れが行われています。新鮮で安全な野菜を求めるのならば青果店を活用するのが効率的ですが、自分で水耕栽培を行えばコストを抑えることができます。庭やプランターなどで栽培する場合と比較して水耕栽培ならば誰でも気軽にできるというメリットがあります。
一度料理に使用した青果の中には再び可食部分を栽培できるものが存在します。それらは料理を目的に栽培することもできますが、栽培に使用する容器を工夫すればインテリアにすることも可能です。野菜の栽培には食費を抑えることができる以外にも様々なメリットがあります。

野菜
様々な品種の野菜を購入するには

野菜を購入する方法としては一般的にスーパーやデパート、駅ビルなどを利用することになります。最近では地 …

野菜
水耕栽培もできる野菜スプラウト

ビタミンやミネラルを豊富に含み、がん発症を抑制する効果も期待されているスプラウト。栄養たっぷりの秘密 …

野菜
健康にも優れている食物繊維がたっぷりな野菜

近年は日本においても食の欧米化が進展し、それに伴う肥満や生活習慣病にかかるケースもあり、飽食状態にあ …