野菜を上手に育てる植付けや栽培時期について

野菜

家庭で野菜を育てようとするとき、いつの時点がその野菜に最も適した植え付け時期なのかについて悩む人も多いようです。上手に育てるためには、種まきや植え付けの時期をしっかり見極めることが大切です。植え付けの時期を間違えなければ収穫まできちんと育ってくれるはずです。逆に植え付けの時期がずれてしまった場合は、あまりうまく育たず収穫ができなかったという結果になってしまうこともあります。

このページでは、家庭菜園が盛んとなる3月~9月において、月毎に最も適している野菜を記載しました。ぜひこのページを参考にして、適切な植え付けや種まきの時期を把握して下さい。

3月は家庭菜園の本格的な開始時期です。朝晩で気温が相当違いますので、気温の変化に強い品種を選びましょう。にんじん、ジャガイモ、ゴボウ、カブ、大根、コマツナ、キャベツ、キュウリ、ホウレンソウ、ピーマン、ルッコラなどなど沢山の種類が植え付け可能です。4月は、初夏に収穫できるものを植え付けます。かなり暖かくなっていますので、家庭菜園初心者にとって栽培も比較的簡単にできるでしょう。エダマメ、おくら、ミズナ、青梗菜、ホウレンソウ、ルッコラ、コマツナ、カブ、大根、ゴボウ、にんじんなどなど沢山の種類の植え付けに適しています。5月は夏に収穫する野菜の苗の植え付けに最も適しています。ピーマン、キュウリ、エダマメ、ミニトマト、しし唐、ニガウリ、ナス、セロリ、モロヘイヤ、サツマイモ、ゴボウ、カブ、大根、ミズナなど、夏野菜のオンパレードです。初心者の方にとっても栽培が簡単な季節です。6月は梅雨の季節ですので植え付けできる野菜の種類はぐっと減ります。しし唐、ニガウリ、ミズナ、セロリ、ルッコラ、サツマイモなどになります。7月に植える野菜は秋に収穫するものになりますが、中旬までは雨も多いので植え付けは難しい季節です。コマツナ、チンゲンサイ、ミズナ、にんじんなどが適しています。8月は初旬に植えたものであれば9月には収穫が出来る種類もあります。カリフラワー、キャベツ、コマツナ、ミズナ、ジャガイモ、にんじん、玉ねぎ、白菜、カブ、大根などが適しています。9月は温度差が激しいことと、秋雨の影響があるのでその点に注意が必要です。玉レタス、青梗菜、ミズナ、白菜、ホウレンソウ、ニンニク、タマネギ、ゴボウ、カブ、大根などが適しています。

家庭菜園で作った材料を使って美味しい料理を作る場合にあると嬉しいのが、一流シェフが作ったカレールーやソースなどの調味料や調味具材です。とれたての新鮮野菜を一流シェフのルーやソースで作ったら、絶品料理の出来上がりです。一流シェフの食材は業務用食材の通販で扱っていますので、ぜひ探してチャレンジしてみて下さい。
他にも、緊急用に絶対仕入れてほしい!使える冷凍野菜おすすめベスト5を読んでおくと良いでしょう。

野菜
様々な品種の野菜を購入するには

野菜を購入する方法としては一般的にスーパーやデパート、駅ビルなどを利用することになります。最近では地 …

野菜
健康にも優れている食物繊維がたっぷりな野菜

近年は日本においても食の欧米化が進展し、それに伴う肥満や生活習慣病にかかるケースもあり、飽食状態にあ …

野菜
プランターで合理的に野菜を栽培する

一般的な消費者が青果を効率よく仕入れるにはスーパーや産地の直売所、インターネットの通販サイトなどを利 …